チーム紹介

Share

“強く、開かれた、愛される”
アメリカンフットボールクラブを目指して

お陰様でAFCクレーンズは、創部30年目を迎えることが出来ました。
我々AFCクレーンズはXリーグでの更なる成長を目指し、

  • 強く :どんな状況でも常に成長を志向する強さを持ち、
  • 開かれた:チームのために誰もが意見を言うことができるオープンな意見・価値観を尊重し、
  • 愛される :チームに携わる全ての人々の信頼と敬意、そして楽しさに支えられた、

アメリカンフットボールクラブを目指します。


監督挨拶 今井孝治

平素よりAFC CRANESに応援ならびに御支援を頂き有難うございます。

CRANESは今季、創部30年を迎えます。
この区切りの年が記念となる飛躍の年と成るように、登石新主将を中心にXリーグ復帰に向けた取り組を始めております。

我々の理念は「強く」「開かれた」「愛される」チーム。
それは最高に強く、最高に楽しく、最高に格好良く、最高に仲良く、あらゆる物が最高なCRANESを創ることです。

Xリーグ降格からスタートした再建計画、世代交代も落着いた3年目の今季スローガン「Plus One」、広義ではCRANES30年培った実績を超える事、個々人では自分の限界を超える事、チーム理念に一歩近づく事と捉えています。

今季はCRANESを支えて下さる全ての方に「Plus One」の喜びと興奮を与えられる進化したチームを作ります。

ファンの皆々様、サポート企業様より御支援を頂き、目標達成を目指すCRANES選手・スタッフ・チアへ今季も熱い応援宜しくお願いします。


HC挨拶 阿邉川 仁

20170416_110946882_iOS

2017年ヘッドコーチ(オフェンス担当)を務めさせていただきます
阿邉川 仁と申します。よろしくお願いいたします。
今年のスローガンは「Plus One」です。目標を達成するために苦労に厭わず「1ヤードでも前に、1プレーでも大事に」の気持ちを選手のみならずチーム内の人間全員で共有し、会話を多く行ないながらお互いを励ましつつ精進したいと思います。更なるチーム内信頼関係が深くなり、ファンの皆様に名実ともに「強く、開かれた、愛されるチーム」と言われるよう頑張ります。皆さまの一層の応援をよろしくお願い申し上げます。


主将挨拶 #2 WR 登石 悠紀

02_toishi_yuuki

日頃より暖かいご声援、ご支援を頂きありがとうございます。
2017年度主将を務めさせて頂きます登石悠紀です。

かつてX1の舞台で戦ったクレーンズですが、ここ数年は低迷しています。

現在のチーム状況を真摯に受け止め、1つずつ階段を登っていく為に、今季のスローガンには「Plus One」を掲げました。

“今日の1歩”の積み重ねが”未来の1勝”へ必ず繋がります。

皆様と勝利の喜びを分かち合えるように精進して参ります。

今シーズンより、コーチングスタッフも含めて新たなチーム体制でのスタートです。強いクレーンズになる為の土台を、この1年でしっかりと構築していきたいと思います。

今後ともAFCクレーンズをよろしくお願い致します。


主務挨拶 #27 DB 松岡 健人

27_matuoka_taketo

2017年シーズン、AFCクレーンズの主務を務めます松岡健人と申します。
今シーズンのチームスローガン「PlusOne」に則り、1つでも多くの勝利を掴み取れるよう、主務としてはもちろん選手としても邁進してまいります。
また、選手兼任ならではの、より選手に近い目線でのチーム運営に取り組んでいく所存です。
昨シーズンまで以上の、熱い応援をよろしくお願いいたします。


社長挨拶 升田 奈々

image1

平素よりクレーンズの活動をご支援いただき、誠に有難うございます。
今年、クレーンズは創部30周年を迎えることが出来ました。
運営チームも発足二期目となります。
Xリーグでの更なる成長を目指すチーム活動をより充実させるべく、精一杯努力してまいります。
是非、クレーンズの活動にご注目頂き、引き続きご支援を賜りますようお願い申し上げます。

株式会社AFCクレーンズ 代表取締役 升田奈々


Team Profile

我々、AFCクレーンズは、社会人アメリカンフットボールX2リーグに所属するアメリカンフットボールチームです。
1987年に旧スポンサーである東亜建設工業(株)社員が中心となりクラブチームとして創部、2001年にX2リーグに昇格し、
長くX2の主力として活動を続けてまいりました。
それ以降、強豪大学出身選手の獲得、2012年より(株)太陽ビルマネージメントをメインスポンサーに迎え、戦力・運営の両面でチーム強化に励み、
2013年にX2セントラル優勝、入替戦では警視庁イーグルスを下し、創部26年目で悲願のXリーグ昇格を果たしました。
Xリーグ初挑戦となった2014年に残念ながら最下位となり入替戦にも敗北。
2015年からは再びX2リーグに所属し、再昇格に挑戦しております、

「『強く』、『開かれた』、『愛される』アメリカンフットボールクラブを目指す」というチームスローガンを長年にわたって掲げ、
選手・スタッフ・チアがチームを支えてくださる方々とともに一体となって築き上げてきたチームです。

チーム名は、チーム創設時の練習グラウンド所在地である横浜市鶴見区の「鶴(Crane)」にちなんでおります。

所属リーグ 日本社会人アメリカンフットボール X2リーグ
経歴 1987年 旧スポンサーである東亜建設工業(株)社員が中心となりクラブチームとして創部
1994年 東亜建設工業クレーンズとして社会人協会に準加盟
1995年 旧メトロポリタンリーグ2部に正式加盟
1996年 全勝優勝、同リーグ1部昇格
2001年 X2リーグ昇格
2009年 初のX2秋季全勝 (諸事情により入替戦出場辞退)
2012年 (株)太陽ビルマネージメントをメインスポンサーに迎え、チーム名を「太陽ビルマネージメントクレーンズ」に変更
2013年 X2セントラル優勝、入替戦で警視庁イーグルスを17対16の接戦で下し、Xリーグ昇格
2014年 X2リーグ降格
2015年 チーム名を「AFCクレーンズ」に変更、チームカラーを緑・黄に一新、8月より株式会社AFCクレーンズ設立
所属メンバー
(2016年)
アメリカンフットボールチーム 選手37名、スタッフ18名
チアリーディングチーム チアリーダー9名、スタッフ8名
ブースタークラブ(支援組織) 38名
練習日 日曜日 横浜商科大学みどりキャンパス(横浜市緑区)
選手出身大学 同志社大学、立命館大学、東海大学、専修大学、京都産業大学、関西外語大学、埼玉大学、島根大学、筑波大学、東京工科大学、東京農工大学、福井大学、防衛大学、横浜国立大学、工学院大学、桜美林大学、日本大学、神奈川工科大学 他
Share