チーム紹介

Share

“強く、開かれた、愛される”
アメリカンフットボールクラブを目指して

お陰様でAFCクレーンズは、創部33年目を迎えることが出来ました。
我々AFCクレーンズはXリーグでの更なる成長を目指し、

  • 強く :どんな状況でも常に成長を志向する強さを持ち、
  • 開かれた:チームのために誰もが意見を言うことができるオープンな意見・価値観を尊重し、
  • 愛される :チームに携わる全ての人々の信頼と敬意、そして楽しさに支えられた、

アメリカンフットボールクラブを目指します。


監督挨拶 今井孝治

平素よりAFC CRANESに応援ならびに御支援を頂き有難うございます。

皆様方のお力添えもあり、CRANESはX1復帰しました。
5年前の初昇格は、X1で勝利を手にする事が出来ず、準備不足、力不足を痛感させられ、X2降格の厳しいシーズンでした。
前回の反省から、個々の心技体の強化、怪我の予防、組織力強化を含めた数多くの課題に対し、新たな取り組みを加え、より進化したチームに仕上げます。
増員したコーチ陣、主将3年目の登石他3名の副将、トレーナー、スタッフを含め、Xリーグでの好成績を残せるまでのチームを作ります。

 我々の理念は「強く」「開かれた」「愛される」チーム。

それは最高に強く、最高に楽しく、最高に格好良く、最高に仲良く、あらゆる物が最高なCRANESを創ることです。

降格からスタートした再建計画は5年目にX1復帰、今季は新たな計画のスタートです。

スローガン「Get up!!」最後まで諦めない精神は、CRANES30年以上培った実績を超え、個々人では自分の限界を一歩超え、立ち上がる事、チーム理念に一歩近づく事と捉えています。

CRANESを支えて下さる全ての方に喜びと興奮を提供出来る、進化した完成度の高いチームを作ります。

ファンの皆々様、サポート企業様より御支援を頂き、目標達成を目指すCRANES選手・スタッフ・チアへ今季も熱い応援宜しくお願いします。


主将挨拶 #2 DB 登石 悠紀

02_toishi_yuuki

日頃より暖かいご声援、ご支援を頂きありがとうございます。
2019年度主将を務めさせて頂きます登石悠紀です。

今シーズンは5年振りとなるX1での戦いとなります。

前回の昇格時は、シーズン全敗でX2降格という結果となりました。今シーズンはX1定着を目指したチーム作りを進めて参ります。

厳しい戦いが続くと予想されますが、今シーズンのスローガンに『Get up!!』(立ち上がれ!)を掲げ、強敵に何度跳ね返されようともチーム一丸となり立ち向かっていきたいと思います。

今後ともAFCクレーンズをよろしくお願い致します。


主務挨拶 #27 RB 松岡 健人

27_matuoka_taketo

2019年シーズン、AFCクレーンズの主務を務めます松岡健人と申します。
今シーズンのチームスローガン「Get up!!」に則り、1つでも多くの勝利を掴み取れるよう、主務としてはもちろん選手としても邁進してまいります。
また、選手兼任ならではの、より選手に近い目線でのチーム運営に取り組んでいく所存です。
昨シーズンまで以上の熱い応援をよろしくお願いいたします。


取締役挨拶 升田 奈々

image1

平素よりクレーンズの活動をご支援いただき、誠に有難うございます。
今年、クレーンズは創部33年を迎えることが出来ました。
運営チームも発足4年目となります。
X1昇格を掲げ、成長を目指すチーム活動をより充実させるべく、精一杯努力してまいります。
是非、クレーンズの活動にご注目頂き、引き続きご支援を賜りますようお願い申し上げます。

株式会社AFCクレーンズ 取締役 升田奈々


Team Profile

我々、AFCクレーンズは、社会人アメリカンフットボールX1 Areaリーグに所属するアメリカンフットボールチームです。
1987年に旧スポンサーである東亜建設工業(株)社員が中心となりクラブチームとして創部、2001年にX2リーグに昇格し、長くX2の主力として活動を続けてまいりました。
それ以降、強豪大学出身選手の獲得、2012年より(株)太陽ビルマネージメントをメインスポンサーに迎え、戦力・運営の両面でチーム強化に励み、
2013年にX2セントラル優勝、入替戦では警視庁イーグルスを下し、創部26年目で悲願のXリーグ昇格を果たしました。
Xリーグ初挑戦となった2014年に残念ながら最下位となり入替戦にも敗北。
2015年からは再びX2リーグに所属し、再昇格に挑戦。
2017年はリーグ戦3勝2敗と降格後初の秋リーグ勝ち越し。
そして2018年、リーグ戦4勝1敗でリーグ2位となり、X1リーグのリーグ編成変更に伴い4年ぶりのX1昇格が決定。

「『強く』、『開かれた』、『愛される』アメリカンフットボールクラブを目指す」というチームスローガンを長年にわたって掲げ、
選手・スタッフ・チアがチームを支えてくださる方々とともに一体となって築き上げてきたチームです。

チーム名は、チーム創設時の練習グラウンド所在地である横浜市鶴見区の「鶴(Crane)」にちなんでおります。

所属リーグ 日本社会人アメリカンフットボール X2リーグ
経歴 1987年 旧スポンサーである東亜建設工業(株)社員が中心となりクラブチームとして創部
1994年 東亜建設工業クレーンズとして社会人協会に準加盟
1995年 旧メトロポリタンリーグ2部に正式加盟
1996年 全勝優勝、同リーグ1部昇格
2001年 X2リーグ昇格
2009年 初のX2秋季全勝 (諸事情により入替戦出場辞退)
2012年 (株)太陽ビルマネージメントをメインスポンサーに迎え、チーム名を「太陽ビルマネージメントクレーンズ」に変更
2013年 X2セントラル優勝、入替戦で警視庁イーグルスを17対16の接戦で下し、Xリーグ昇格
2014年 X2リーグ降格
2015年 チーム名を「AFCクレーンズ」に変更、チームカラーを緑・黄に一新、8月より株式会社AFCクレーンズ設立
所属メンバー
(2018年)
アメリカンフットボールチーム 選手36名、スタッフ8名
チアリーディングチーム チアリーダー6名、スタッフ3名
ブースタークラブ(支援組織) 38名
練習日 日曜日 東京工科大学(東京都八王子市 JR横浜線 八王子みなみ野駅)
選手出身大学 立命館大学、日本大学、同志社大学、東海大学、専修大学、京都産業大学、埼玉大学、島根大学、筑波大学、東京工科大学、東京農工大学、福井大学、防衛大学校、桜美林大学 他
Share