【ゲームレポート】11/13(日) ラングラーズ戦 0-3で敗戦。

  • 2016年11月20日
Share

 

【2016年X2秋季リーグ戦 第4節】

日時 : 2016/11/13(日) 11:00キックオフ

会場 :富士通スタジアム川崎

天候:晴れ

チーム 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
AFCクレーンズ 0 0 0 0 0
ラングラーズ 3 0 0 0 3

試合の詳細はこちら (協会ホームページへ移動します。)
【11/13(日)vs ラングラーズ

AFCクレーンズ、2016年秋の第4戦は0-3で敗戦となりました。

<前半>

クレーンズのキックで試合開始。ラングラーズはランプレーとショートパスを中心に前進し、FGで先制されます。クレーンズオフェンスは4家亀・1清水・17古川のRBトリオが好ゲインを重ねます。3rdダウンや4thダウンではQB18増田からWR15越智へパスが決まり敵陣へ進みますが、度重なる反則で得点することが出来ません。一方ディフェンスはラングラーズの強力オフェンスを抑え、0-3のまま前半が終了します。

<後半>

後半開始のキックオフでは前節リターンTDをあげているWR2登石が48ydの好リターン。流れに乗りたいオフェンスでしたが、ここも反則やミスで得点できません。ディフェンスはLB13村松のロスタックルやDL57石井のQBサックなどで奮闘し追加点を許しません。後半のオフェンスはQB3恩地からTE24渡辺・WR2登石・WR8三瓶へのパスが良く決まり、RB陣も好ゲインを重ねます。第4Qラストシリーズでエンドゾーン目前まで進みますが、最後は同点を狙ったFGが失敗に終わり試合終了となりました。

≪総括≫

オフェンスは攻撃時間・獲得距離共に相手の倍以上を稼ぎながら、要所での反則やミスが響き完封負けとなりました。敵陣に侵入してからの決定力にも課題が残っています。

ディフェンスは失点は3点に抑えましたが相手のミスに助けられている場面も多く見られ、まだ改善の余地があります。

今季を勝ち越すために負けられない試合でしたが、悔しい結果となりました。個々の力だけではなくベンチワークも含めてチームとしての課題が浮き彫りとなりました。来季へ繋げるためにも次戦までにしっかりと改善していきたいと思います。

 

最終節も応援の程よろしくお願い致します。

photo:Ken Matsubayashi

 

 

Share