入替戦、警視庁イーグルスに勝利!! 1部昇格

  • 2013年12月17日
Share
1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
太陽ビルマネージメントクレーンズ 0 10 7 0 17
警視庁イーグルス 0 0 3 13 16

 

 

12/15に行われました警視庁イーグルスとの入替戦は、17 ー 16で接戦を制し、創部26年で念願の1部昇格を果たしました。

これまでチームに携わっていただいたOB・OGをはじめ、大勢の方々が応援に駆け付けていただいた中、警視庁のキックオフで試合開始、クレーンズは最初の攻撃シリーズからパス・ランを織り交ぜ順調にボールを前進させます。 しかし、相手のレッドゾーンが見えてきたところで、痛恨のファンブル、リカバーした警視庁の選手がボールをそのままエンドゾーンまで持ち込み先制を許したかに思われました。しかし、ここは警視庁の反則によりタッチダウンは取り消しとなり、命拾いをしますが、このシリーズは警視庁のディフェンスが踏ん張り、クレーンズは得点を挙げられません。

一方の警視庁は、持ち前のフィジカルの強さを生かしたランを主体にゲインを重ね、エンドゾーンまで残り13ヤードのところまで攻め込まれます。しかし、ここでディフェンスが奮起、長年クレーンズを支えてきたDL #8 千石と今季チームを引っ張ってきた熱き主将#51 金田のタックルによりファンブルを誘発、DL #50 入川がそのボールを抑えて、ピンチを脱します。

このディフェンスの踏ん張りにオフェンスも応えパス、ランで50ヤード前進するものの、4thダウンに追い込まれます。 ここで、P #9 加藤が滞空時間の長いパントを蹴りこみ、WR #11 内藤がリターナーに強烈なタックルを浴びせファンブルを誘発、RB #1 清水が敵陣残り2ヤードの絶好のフィールドポジションでボールを抑えて一気にモーメンタムを引き寄せます。 スペシャルチームがもたらしたチャンスを、副将QB #4 石川が同じく副将WR #89 中村へ冷静にTDパスを決め、喉から手が出るほど欲しかった先制点がクレーンズに入ります。

しかし、クレーンズのピンチは続きます。じりじりと警視庁に攻められゴールまで残り6ヤードと絶体絶命のシチュエーションに追い込まれますが、副将LB #44 長尾が起死回生のインターセプト、38ヤードをリターンし、ゴール前での強さを発揮します。 しかし、この時点で前半残り2分、時間がない中でQB #4 石川が猛烈な相手ディフェンスのラッシュをかわし、自らの足でファーストダウンを重ねます。そして、残り17秒、タイムアウトのない状況で、K #28 小宮山が43ヤードのフィールドゴールトライ、ボールがゴールポストの間を抜けると同時に残り時間は0秒となり、3点を加えて10 – 0とリードして試合を折り返します。

後半、警視庁に最初の攻撃シリーズで19ヤードのフィールドゴールを決められ、10 – 3と点差を縮められますが、 クレーンズはQB #4 石川からWR #7 岩崎(龍)への33ヤードパスを足掛かりにこの試合最長となるや72ヤードのドライブ、最後は高校時代からのホットライン、QB #4 石川からWR #15 高木への17ヤードのTDパスで17 – 3と再びリードを広げます。

第4クォーターに入り、熾烈な1部リーグを戦い抜いてきた警視庁の猛烈な反撃にあいます。 警視庁オフェンスに13プレーをかけて65ヤードを進められてパスタッチダウンを許し、7点差と迫られると、次の攻撃でも15プレー、72ヤードを進められてタッチダウンを許し、遂に同点に追いつかれるかと思われました。しかし、ポイントアフターTDのキックにクレーンズディフェンスが猛ラッシュ、ボールはゴールポストの脇をそれ、17 – 16、何とか1点リードした状態で試合は残り3分33秒となります。

点を取るしかない警視庁はオンサイドキックを狙いますが、DB #23 小泉が身を挺してボールを抑えクレーンズが攻撃権を確保します。しかし、クレーンズオフェンスはファーストダウンを重ねられず、残り時間2分18秒と嫌な時間を残して警視庁に攻撃権が渡ります。
パスで逆転を狙う警視庁に対して、
1部昇格を祈るファンの方々の大声援を受けたクレーンズのディフェンスライン陣が襲い掛かり、反撃を阻止、最後は勝利のニーダウンで試合終了。念願の1部昇格を成し遂げました。

 

クレーンズの発足から今日まで、
『強く』、『開かれた』、『愛される』アメリカンフットボールクラブを目指す というチーム理念にある通り、皆様に支えられ愛していただいて、チーム関係者が一体となって強いチームをつくり上げてきました。
その成果が、今年花開き、念願のX1部昇格を果たすことができました。
本当にありがとうございました。

来年は上の舞台で厳しい戦いが待っていますが、
これまで以上の応援をよろしくお願いします。

Share